サクサ本舗 Blog

サクサ中古ビジネスフォンの入荷情報や日々の出来事などをお届けします。

日記

外線発信のイロハ

リスナーの皆様、こんにちは。
本日も軽快に皆様に熱いビジネスホンのお話をお届けしたいと思っております。

パーソナリティを務めさせていただくのは、サクサ本舗セミプロスタッフの

寝台特急地下水脈4号です。

 

本日の話題はズバリ【ビジネスホンの外線発信方法】で御座います。

一概に外線発信といっても、家庭用の電話機と同じ用に、電話をかけるという意味で

ございますが、こちらがビジネスホンになると話が少々変わってきます。

ビジネスホンでは電話をかける際、そこの機能によって様々な方法があります。

①受話器を上げる ⇒ ツー音 電話をかける

②任意の外線ボタンを押す ⇒ ツー音 電話をかける

③ダイアルボタンの0(ゼロ)を押す ⇒ ツー音 電話をかける

④電話機にある発信ボタンを押す ⇒ ツー音 電話をかける

と様々あります。

この中でも、③と④に関しては、
0や発信ボタンをおした際に特定の外線ボタンで発信するよう設定が出来ます。
主装置の設定も関与してくるのですが、まれに今まで、発信ボタンを使って発信する職場に居た方が、
環境が変わり発信方法が変わると、電話がかけられない/意図しない番号で発信してしまっている等で
不具合だと勘違いしてしまう場合が御座います。

③の場合は、ゼロを一回押すので、ゼロを押して発信しない環境下でやってしまうと、
全く別の所にかけてしまった等勘違いをしてしまう事があります。

ですので、上記のような事例で不具合かと思う場合は、まず上記の事を考えてみてください!
それでは皆様良い発信ライフを!!!

-日記