サクサ本舗 Blog

サクサ中古ビジネスフォンの入荷情報や日々の出来事などをお届けします。

日記

旧電話回線の粘り強さとは [サクサ本舗]

はいどうも皆さんこんにちは
サクサ本舗のきらめきスタッフ寝台特急地下水脈4号で御座います。
今回も皆様の心に響くビジネスホントークを展開していきたいと考えております。
電話回線といえば、一昔前ではアナログ回線とISDN回線の2つでしたが、
約10年まえからは、IP電話や現在ではひかり電話等が登場し、従来の

アナログ/ISDN回線はかなり古いものとなってきました。

通話料も安いひかり電話に押され、いまや下火といっても過言では無いかと思います。
但し、通話という意味で考えると確かに下火ではあるかと思いますが、
別な用途では現在でも需要がかなりあったりします。

保険請求をやりとりする医療機関等や、
自動車のオークションでは現在でも通信にISDNを使用しています。
(今後はインターネット網での通信に切り替わりつつあります)

また、Bフレッツ等の設備が整っていない山奥等では、現在でもISDN回線が

インターネットに使われていたりもします。
電話回線の構造が単純である部分や災害に強い部分もあり、
ライフラインの扱いで、敢えて導入している方がいらっしゃいます。古い回線とはいえまだまだ力強いですね。

それでは皆さま良い回線ライフを!!!!

-日記