サクサ本舗 Blog

サクサ中古ビジネスフォンの入荷情報や日々の出来事などをお届けします。

日記 豆知識

中古ビジネスホンの底力!をこっそり教えます パート①

2016/06/09

こんにちは。サクサ本舗の見習いスタッフ暴走特急YUUです。

いよいよゴールデンウィーク休暇ですね。皆様はご予定お決まりでしょうか?

わたくしは「潮干狩り」なんてベタなことを考えていたのですが、

かなりの渋滞が予想されてますのでどうしたもんかと悩んでいるところです。

 

白昼堂々、中古ビジネスホンのメリットや底力をこっそりお教え致します。

1回の投稿では語れないので複数回に分けてお送りする予定ですが、

本題に入る前に、今回は少し歴史の話をしたいと思います。

 

ビジネスホンの歴史は約30年前に始まりました。

当時はビジネスホンと聞くと新品導入が当たり前で、導入費用が高いためにリースや割賦

での購入というのが通説でした。近年、様々な特徴を持った中古ビジネスホン販売企業様、

卸販売会社様が活躍しており、ビジネスホン導入は『中古品が当たり前』となりつつあります。

特に、中古ビジネスホンが認知されだしたのは2011年頃かと当店では考えております。

 

記憶にも新しいですが2011年は、東日本大震災とタイ王国の洪水という2つの不幸が起こりました。

そして、2つの天災による新品商品のサプライチェーンが麻痺したことに端を発しています。

 

 

当時、新品にて商品を用意する予定でキャンセルが効かない仕事が多数ございました。

しかしながら新品の製造工場が被害を受け、しばらく生産ラインが止まってしまいます。

さらに、在庫としてストックされていた商品も水によりダメになるという事態が起こりました。

その際に一旦中古機器を納入し、新品工場が再稼働したら「すべて新品に入れ替える」

といった事象が起こりました。が、その一旦納入された中古機器の評判が非常に良く、

中古品のお問い合わせが急増するに至ったのです。

 

現在、中古ビジネスホンは多数の卸販売企業様が競い、切磋琢磨しておりますので、

さらに質が向上しております。

当店は商品の質や在庫数はもちろんのこと、スピード(窓口対応のレスポンスや即日の出荷)に

こだわっておりますので、お届け希望日が明日なんて時にもお気軽にお尋ねくださいね。

安心してご利用頂けるモノ(チーム)をご提供すべく日々活動しております。

よろしくお願い致します。

-日記, 豆知識